ソピアホームの日常を綴っていきます。

※石川繁コレクションも不定期ですが、更新していきます。
 鶏の民芸品や飛行機、SLの写真などをご紹介。
検索
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新の投稿
カテゴリ
過去の投稿
Profile
Link

Favorite
Mobile
qrcode
<< 気分爽快!!でした。 main 夢のマイホーム!! >>
薪ストーブの心地よさ

JUGEMテーマ:住宅

 

今年の冬は暖冬で、ここ秋田でもほとんど雪が降りませんでした。

なので、暖房もいつもに比べると、あまり気にしなかったように

思います。

以前、薪ストーブのあるモデルハウスで、お客様案内のため

ほぼ毎週末待機していたことがありました。

 

朝一番の仕事は、薪ストーブの灰の掃除をし、薪を並べて

火を付け、家を暖める事でした。

 

やはり何事にもコツがあるもので、薪の並べ方や、着火の仕方など

考え、少しづつスムーズに使えるようになったのを覚えています。

 

赤外線による輻射熱で、家の中を柔らかく暖めてくれるので

ととも居心地が良く、さらに炎の揺らぎが心を落ち着かせてくれます。

 

ただ、良いところあれば、手間のかかることもあります。

 

まずは、掃除ですね。シーズン中はもちろんストーブの灰の処理は

毎日ですし、シーズンオフに入る時は、煙突の中を長ーいブラシで

煤を落とす作業をしました。

煤は、手につくと中々落ちにくかったように思います。

 

後は、薪の調達をどうするか?これが、一番大変かもしれません。

 

ストーブ販売店などでは、秋ごろに薪準備のイベントを開いている

ところもあるようです。個人で準備するとすれば、結構大変なような

気がします。

 

でも、あの暖かさと炎の揺らぎの癒し効果は、ぜひ生活に取り入れたい

ところですね。

 

投稿:鈴木健一



2020.03.12 Thursday 14:29
住宅・設備ほか comments(0)
comment




/PAGES