ソピアホームの日常を綴っていきます。

※石川繁コレクションも不定期ですが、更新していきます。
 鶏の民芸品や飛行機、SLの写真などをご紹介。
検索
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新の投稿
カテゴリ
過去の投稿
Profile
Link

Favorite
Mobile
qrcode
<< 宮崎・熊本・大分コレクション main ソピアの小部屋スタート >>
鹿児島・沖縄コレクション
-------------------------------鹿児島コレクション----------------------------------------------------

首人形◆薩摩首人形(鹿児島県霧島市 鹿島たかし)
鹿児島県には南国的なおおらなか玩具が多く、いくつか廃絶したがまだまだ魅力ある玩具が見られる。
薩摩首人形は、古く万葉の昔よりあった紙塑人形の変形で、一本一本ひねりの楽しさが、紙のしわと共に古めかしい面白さを表現しています。
この作品は、干支の首人形の酉です。
紙粘土を素材に手捻りで人形の表現を出すのは、なかなか難しい仕事だそうですが、類似のない玩具だけに今後も長く続けてほしいものです。




竹製の酉◆竹製の酉
鹿児島特産の孟宗竹は約200年前島津吉貴公によって琉球から移植されたものです。
現在鹿児島では、この竹の美しさと強さを生かし、各種の竹製品を作っています。




-------------------------------沖縄コレクション------------------------------------------------------

沖縄その1◆沖縄張り子(沖縄県那覇市 古倉 保文)
沖縄県には日本のどの地方にも見られなかった異国情緒溢れる郷土玩具が埋もれている。
張り子や木舟の玩具などよく見かけますが、土鈴は少なく陶鈴ばかり目に付きます。
長い歴史の中で大陸から渡ってきた独特の文化が一つ一つの郷土玩具の中に潜み、それが形や色となって強烈な印象を与える作品になって生み出されている。

沖縄その2沖縄県を代表する郷土玩具である、日本最南端の沖縄張り子をはじめ「沖縄諸元」を古倉保文さんが製作している。
古倉さんは、明治37年生まれのご高齢だが長女の宮本和子さん、妹の東旅子さん、それに二代目の保憲さんが控えており、古倉一家の作品といっても良いでしょう。
何度もお手紙を書き、送ってもらった思い出の一品です。




2019.03.25 Monday 08:01
世界と日本 鶏の民芸品 comments(0)
comment




/PAGES