ソピアホームの日常を綴っていきます。

※石川繁コレクションも不定期ですが、更新していきます。
 鶏の民芸品や飛行機、SLの写真などをご紹介。
検索
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新の投稿
カテゴリ
過去の投稿
Profile
Link

Favorite
Mobile
qrcode
<< 福井・富山・石川コレクション main 千葉・埼玉・神奈川コレクション >>
栃木・茨城・東京コレクション
-------------------------------栃木コレクション------------------------------------------------------
きびがら◆きびがら細工(栃木県鹿沼市 青木行雄)
栃木県には土地柄を生かした素材の郷土玩具が多い。
鹿沼市にはきびがら細工がある。
特産物の鹿沼ほうきの落とし草(廃材)を加工したもので、製作者青木さんの考案による十二支をはじめ、飾り馬、すごもり、鶴亀など20種余りある。



下野◆下野土鈴(栃木県宇都宮市 小川昌信)
平成17年の年賀切手に採用されました。
関東平野の北に位置する栃木県、古くは下野国と呼ばれ東国の要地として重要な位置を占め、奈良時代には国分寺や国分尼寺等も設けられた「歴史の地」です。その国分寺の屋根を飾る美しい瓦はこの土を用いて作成されたことが明らかになっています。
下野土鈴は栃木県の瓦の土と陶器の里・益子の土を使い、県内の名所・旧跡名物郷土玩具、各地の伝説等を題材としていろいろな土鈴を作っています。
土鈴は中に神霊が宿るとして古くから魔除けとして親しまれています。



-------------------------------茨城コレクション------------------------------------------------------
酉之内◆酉之内和紙民芸品(茨城県水戸市)

茨城県は昔から郷土玩具にあまり恵まれない県で、他県に比べてその数は少ない。
久慈川を下り、山方宿の里より諸富野村に至る支流一体は古くから楮と三椏(みつまた)の産地で、これを原料として酉之内和紙が生産されています。
特に第2代藩主水戸光圀(黄門様)によって奨励されて今日に至り、障子紙、半紙、温床紙等のほか、民芸品も作られています。



-------------------------------東京コレクション------------------------------------------------------
助六◆助六人形(東京都浅草 助六)

東京でも多くの授与鈴、観光土鈴が作られています。
浅草助六で手に入れた物です。



深大寺◆深大寺土鈴(東京都調布市深大寺 馬場信子)

東京23区から離れ、都下の調布市深大寺は、隣に広大な袖代植物園もあり、緑に包まれた静かな佇まいです。
その武蔵野の一角で馬場信子さんが作る深大寺土鈴のざらっとした素焼きに素朴な絵や万葉集の和歌が描かれ、何とも言えないほのぼのとしたものを感じます。



2017.08.01 Tuesday 08:15
世界と日本 鶏の民芸品 comments(0)
comment




/PAGES