石川繁コレクション
鶏の民芸品や飛行機、SLの写真などをご紹介。
検索
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
最新の投稿
カテゴリ
過去の投稿
Profile
Link

Favorite
Mobile
qrcode
宮崎・熊本・大分コレクション
-------------------------------宮崎コレクション------------------------------------------------------

佐土原人形◆佐土原人形(宮崎県佐土原町 小玉清勝)
宮崎県は数は少ないが、土、木、紙の郷土玩具の三拍子が揃っている、
佐土原人形は、宮崎県を代表する土人形で、岩切和子さん(五代目)と「陶月」の小玉清勝さんの2人が活躍中です。
佐土原で土人形が作り始められた詳細な年代は不明であるが、寛保年間(1741〜1744年)に朝鮮人の陶工により伝えられたと言われている。節句人形として発展し、素朴で表情豊かな人形に出来ています。
ここの看板玩具にはもう一つ、延岡の昇り猿がある。
西階町の松本節子さんが作っており、昭和43年の年賀切手に採用されています。




-------------------------------熊本コレクション------------------------------------------------------

木葉猿◆木葉猿窯元天の酉(熊本県玉名郡玉東町 永田禮三)
熊本県には土、木、紙とバラエティに富んだ郷土玩具がある。
また、関係施設も整っているので、収集家には楽しい所です。
九州には何故か猿をモデルにした郷土玩具が多い。中でも、代表的なものに木葉猿がある。
鹿児島本線の木葉駅下車、徒歩10分。駅前の道を北へ行くと国道沿いに「木葉猿窯元」の看板が見える。
窯元の永田禮三さんは現在七代目を継いでいる。
この作品は、木葉猿の手法を生かして素朴さを失わないよう新年の開運招福を願い製作される干支シリーズの酉です。




-------------------------------大分コレクション------------------------------------------------------

日出人形◆日出人形(大分県速見郡日出町 門上彩雲)
大分県は別府をはじめ、県内至る所に温泉が湧き出しているので、湯治客の土産物は各所にあるが、さて郷土玩具として取り上げられるには今ひとつ決定打に欠けるものが多い。
門上さんは、大分市の美術学校を出てデザイン関係の会社に入ったが、昭和55年頃から脱サラで人形作りを始めた。
奥様も同じ学校の出身で、ご夫婦で土人形づくりをしており、今後が期待されて作者です。



その他2その他1


2018.06.22 Friday 08:29
世界と日本 鶏の民芸品 comments(0)
福岡・長崎・佐賀コレクション
-------------------------------福岡コレクション------------------------------------------------------

津屋崎人形◆津屋崎人形(福岡県宗像郡津屋崎町 原田半蔵)
福岡県は郷土玩具の宝庫といわれ、多種多様の玩具類を見ることが出来ます。土鈴も製作する方も大勢います。
古博多人形の流れを汲むといわれる津屋崎人形ですが、創業は明治5年(約230年前)とのこと。
最初は、ロクロを用い、火消し壺、アンコ火鉢、カメ等の生活用品を製造、その後次第に庶民の生活に結びついた素朴な土焼人形や動物類(干支他)を製作に至り今に続いている。
初代半兵衛以来、代々「半」を名乗り現在五代目です。
平成5年の太鼓乗り酉土鈴は年賀切手のモデルになりました。



小郡人形◆小郡人形(福岡県小郡市 森山天鈴)
太宰府市の南15キロほどに小郡市がある。ここに住む森山さんは新しい土鈴の作者です。
小郡市は弥生時代の遺跡が豊富で沢山の遺物があり埋蔵文化財の宝庫とまで言われています。
都会にはない農村の素朴な風俗があり、そうした環境の中から誕生しました。
人形は久留米市観光協会会長賞を受賞、土鈴は日本商工会議所会頭賞を受賞しています。
また、美宝福音土鈴は全国で初めて考案した「複合音」の土鈴であり実用新案を出願中です。



-------------------------------長崎コレクション------------------------------------------------------

古賀人形その1◆古賀人形(長崎県中里町 18代小川 亮)
長崎県は江戸時代唯一の開港地として南蛮貿易が盛んに行われましたが、土鈴の形や彩色にも、その影響が強く残っていて異国情緒あふれる郷土玩具が多い素朴さが魅力の古賀人形。
その表情は愛らしくも時を感じさせる。
京都の伏見人形、仙台の堤人形と並び日本三大土人形と称される。


古賀人形その2古賀人形の歴史は、今から四百年前、文禄元年(1592年)旧長崎御用達、土器師、常陸之介と称するものが日本漫遊として来崎した。
一年余りの滞在中に小川家三代目、小三郎に土器製造の技法を伝授した。農業の傍ら副業として神仏用及び儀式用の土器を作っていたが、晩年の頃より小型の人形も製造するようになった。
これが古賀人形の発祥になっている。




-------------------------------佐賀コレクション------------------------------------------------------


のごみ人形◆のごみ人形(佐賀県鹿島市能古見 鈴田道子)
佐賀県といえば伊万里焼があまりにも有名ですが、土人形でも各所に窯があり、伝統あるもの、新しいものと入り交じり作られている。
のごみ人形が作られているこの地は、九州有明海に面し、霊峰多良岳を控えた山紫水明の佳境です。
昭和20年から作られていますが、年賀切手のモデルに二度もなった干支鈴がよく知られています。

唐津曳山人形◆唐津曳山人形(佐賀県唐津市 野口 善光)
稲の取り入れがだんだん終わりに近づく頃佐賀県を代表する例祭「からつくんち」がくるくんちのハイライトは曳山で、その激しい動きの中に唐津っ子の意気込みが示される一番新しい時でもある。
文化財である(現在14台が保存されている)曳山と人形として製作したものです。
運輸大臣賞と日本商工会議所を受賞しています。



弓野人形◆弓野人形(佐賀県武雄市 三代目江口 勇三郎)
現代人が求めているのは泥臭い素朴さである。
それを満たしてくれるものに弓野人形がある。武雄市西川登町弓野がその創業の地であり、現在の産地である。
その歴史は明治5年(1882年)にさかのぼる。



多久土鈴◆多久土鈴(佐賀県多久町 倉富 博美)
倉富さんの土鈴の数々は、異国情緒あふれるものが多くある。博多人形師の元で腕を磨いただけに、型もしっかりしており、彩色も丁寧で大変精巧な仕上がりです。



2018.05.16 Wednesday 08:26
世界と日本 鶏の民芸品 comments(0)
愛媛・高知・徳島コレクション
-------------------------------愛媛コレクション------------------------------------------------------

木彫◆木彫人形(愛媛県松山市 木彫人形工房 南雲)
愛媛県は期待される玩具が少なく、わずかに松山市と伊予市に見られるだけである。
それだけに入手に苦労しました。
県の物産協会に問い合わせ、南雲を紹介してもらいましたが、十二支のセット物の販売しかしていないという返事。
何度もお願いしてやっと手に入れた一品です。
厳選した美しい木目の木を使用し、日本の四季をテーマにした各種の人形等を作っている創作人形工房です。



御阿礼◆御阿礼の鶏(愛媛県伊予松山市)
「御阿礼(みあれ)」とは、神宿りとか神の降臨を意味します。
「古事記」によると、高天の原が闇の世界に包まれた天照大神の岩戸籠もりの時、思金神はまず、「常世の長鳴き鳥」を集めて啼かして夜明けを告げ、天宇受女命が踊り狂って騒いで、天照大神を誘い出したという。
この「常世の長鳴き鳥」が「鶏」のことで、この神話は「御阿礼の証」と言われ、邪気を祓うとされています。
また、中国では「鶏」には文・武・勇・仁・信の五つの徳があるとされています。
一閑張「御阿礼の鶏」は「家に福の神の降臨を告げる鶏」として泉王子家に伝わるもので、座右に置いて精進すれば「心願天に通じて自ずから手中に転座する」とされています。



-------------------------------高知コレクション------------------------------------------------------

安芸土鈴◆安芸土鈴(高知県高知市 土佐民芸社 岡内秀一、美詠子)
高知県は郷土玩具といえるものが大変少ないところです。
土佐和紙、土佐紬、万寿笹など多くの民芸品はあるのですが、郷土玩具は今ひとつ活気がない。
安芸土鈴は以前安芸市で作られていましたが、製作者がいなくなり今は高知市内の土佐民芸社が型を譲り受け製作しています。
岡内ご夫婦は、そんな消えかけている郷土玩具作者の何人かを支え、復元品も含め製作にいそしんでいます。



長尾鶏◆長尾鶏


-------------------------------徳島コレクション------------------------------------------------------

徳島


2018.04.17 Tuesday 08:30
世界と日本 鶏の民芸品 comments(0)
広島・山口・香川コレクション
-------------------------------広島コレクション------------------------------------------------------

宮島張り子◆宮島張り子(広島県廿日市市宮島町(旧佐伯郡) 田中司郎)
広島県は郷土玩具の好きな方には楽しみのある地域で、伝統的な土人形あり、張り子あり、木の玩具もありバラエティに富んでいる。
宮島張り子は、世界の数カ国と我が国に古くから伝わる伝統技術と技法を当地に導入し、それをベースに瀬戸内の温暖な気候風土の中で生きる動物たちや、現在に伝わる文化遺産などをテーマにした民芸玩具創りを昭和50年から始めたものです。



-------------------------------山口コレクション------------------------------------------------------

石人形◆石人形(山口県秋芳町)
山口県は、伝統的な郷土玩具にはあまり恵まれない土地です。
でも、歴史的な観光地が各所に点在しており、将来が期待できるものがいくつかある。
カルスト台地と秋芳洞で知られる秋芳町では、長州土鈴の蔵本重之さんが各種の土鈴を作っています。
この作品は、蔵本さんのものではありませんが、石作りのもので、一般的に売られているものです。




-------------------------------香川コレクション------------------------------------------------------

土鈴四国は各県とも土鈴の少ない地域ですが、高松の大崎豊五郎さんが何ともユニークな土鈴を作っています。
郷土玩具としては、四国随一の宝庫で、県内の各所に散在しているので、大いに楽しめる所です。







2018.03.05 Monday 09:27
世界と日本 鶏の民芸品 comments(0)
鳥取・島根・岡山コレクション
-------------------------------鳥取コレクション------------------------------------------------------

わら人形◆にわとりのわら人形(鳥取県鳥取市)
私の鶏コレクション第一号です。
昭和43年4月に大阪の航空会社に入社、その年の5月の連休に旅行した時、手に入れたものです。




木地人形◆岩井温泉の木地玩具(鳥取県岩美郡岩美町 小椋昌雄)
山陰地方というと何か暗いイメージが伴うが、郷土玩具の世界では豊かで明るい地方である。
鳥取市から東へ砂丘を抜け、浦富の海岸から山手に入ると岩井温泉。
この温泉町で岩井温泉の十二支などの木地玩具を小椋昌雄さんが挽いている。
木地玩具は全てロクロで挽いた細工物で、干支の動物の各部を別々に挽き、卵形の胴体に接着剤で付け、彩色して出来上がりである。この十二支は昌雄さんの父で木地師であった幸治氏が昭和9年に商工省の工芸展で見事入選したのが作り始めである。
また、昭和39年の辰年の年賀切手に採用されたので、比較的に知られるようになった郷土玩具です。



-------------------------------島根コレクション------------------------------------------------------

出雲竹人形◆出雲竹人形(島根県簸川郡佐田町 勝部誠次)
島根県は日本海に面した山陰随一の観光都市だけに郷土玩具もバラエティに富んだ物が豊富にある。
この竹人形は、戦後の昭和32年に県の郷土玩具コンクールに入選した竹獅子の影響を受け、佐田町の勝部誠次さんが作り始めた物です。
出雲地方の奥地を流れる神戸川のそばに群生する、豊富な竹を素材に作られた人形で、それほど太くない竹だけが竹の持つ直截な線と節を生かし、一つ一つ丁寧に削りあげて作られている。
主な作品は、出雲地方の神話を題材にしたものが多く、稲田姫、因幡の白ウサギ等々40種余りある。
作者の勝部さんは戦後シベリア抑留中に習得した白樺細工の木彫技術を生かし作り始めたとのこです。



-------------------------------岡山コレクション------------------------------------------------------

倉敷はりこ◆倉敷はりこ(岡山県倉敷市 生水幹一)
岡山といえば津山土鈴と言われるほど人気があります。備前焼は日本を代表する陶芸品としてよく知られています。
津山土鈴は入手していませんが、この作品は倉敷の伝統的な郷土玩具の倉敷張り子です。
生水さんの張り子は種々あるが、代表的なものに飾り虎と呼ぶ首振りの虎がある。小型は7儖未里發里ら大きい物で1メートルのものまで10種ある。
この地方では、男の節供に欠かせない贈りものである。



朝の挨拶◆朝のあいさつ(岡山県英田郡東栗倉村・美作の森 西田明夫)
日本でからくり玩具作家(職業として、素材に木を使ったおもちゃを製作している)という方は、十指に満たないと言われている。
既にさまざまな媒体や場面に登場している西田作品ですが、実は製作者である本人は三つの顔を持っています。
一つはプチホテル「田舎の日曜日」のオーナー、もう一つはからくりおもちゃ作家、そして最後が現代玩具博物館の館長としての顔です。
そんな西田さんが作るからくりは、まず最初にメロディがあります。そして、その曲のイメージに合わせたからくりを考えていくとのこと。
特別に注文して作ってもらいました。



玉島だるま◆玉島だるま(岡山県倉敷市玉島 中桐一人)
玉島の集落は倉敷のだいぶ西で、玉島港が深く入り込んだ所にある。阿賀崎で小野キクエさんが、乙島で中桐さんが玉島だるまを作っている。
中桐さんは玉島ダルマの他に張り子の虎、十二支の張り子、面各種など郷土玩具を製作している方です。



2018.02.05 Monday 09:23
世界と日本 鶏の民芸品 comments(0)
1/31PAGES >>